生後1ヶ月おしゃぶりを使うメリットは?おしゃぶりはダメってホント!?

育児
寝かしつけやグズリ対策に活躍してくれるのがおしゃぶり。
でもおしゃぶりは「歯並びが悪くなる」とか、「辞めるのが大変そう」、というイメージで
使った方がいいのかどうか迷ってしまいますよね。

おしゃぶりは絶対に必要という訳ではないですが、あるとママをサポートしてくれることも。
使い方や注意点を把握すればダメなものではありませんよ。

今回は生後1ヶ月の赤ちゃんにおしゃぶりを使っても問題ないのか、
おしゃぶりのメリットデメリットを紹介していきます。

おしゃぶりはいつから使える?

おしゃぶりは新生児の頃から使うことができます。
赤ちゃんは生まれると吸啜反射(きゅうてつはんしゃ)という本能で
口に触れたものを吸うことができます。
 

だから生まれてすぐに母乳やミルクを飲んだり
おしゃぶりを吸ったりすることができるんだね♪
確かにうちの子も生まれて数分後には
母乳の練習しましょうって分娩台の上で練習したな~

 
おしゃぶりには成長段階に合わせて月齢ごとのおしゃぶりが売っているので、
購入するときは月齢を確認しましょう。

色々な種類のおしゃぶりが売っているので迷ってしまいますが、
いくつか買ってみて赤ちゃんのお気に入りを見つけてあげましょう。

おしゃぶりのメリットは?

おしゃぶりは新生児から使えるので、
生後1ヶ月の赤ちゃんにも使えることがわかりましたね。

ではおしゃぶりを使うメリットはどのようなことなのか
3つのポイントに絞って紹介していきます。

寝かしつけがしやすくなる

おしゃぶりをしていると落ち着くことでスムーズに寝てくれる赤ちゃんも多いです。
添い乳は癖になるとママの体にとても負担になるので、
添い乳をするのであればおしゃぶりをおすすめします。

すが寝た後もおしゃぶりを付け続けると癖になりやすいので寝た後は外すのは忘れずに。

グズリ対策

電車の中やお出かけ中に泣かれてしまうと困ってしまうこともあるかと思います。
「何をしても泣き止まない!」でも「今は泣き止んでほしい!」
そんなときに活躍してくれるのがおしゃぶりです。
必要な時だけおしゃぶりを与えるようにすると、依存しにくくなりますよ。

鼻呼吸が出来るようになる

赤ちゃんは元々鼻呼吸ですが、大きくなるにつれ口呼吸になってしまう子も。
口呼吸が癖になると風邪を引きやすくなったり、
歯並びに影響する可能性も。

鼻呼吸を習慣づけるのにもおしゃぶりは有効なようです。

おしゃぶりのデメリットは?

おしゃぶりを使ってすぐに影響が出るわけではないですが、
長期的に使用することで悪影響がでる可能性もあるので使い方に気を付けましょう。

歯並びが悪くなることも

長期的に使用すると前歯が前に出てしまうことも。
2歳くらいまでにおしゃぶりを卒業すれば問題無いようなので時期が来たら卒業しましょう。

辞めさせるのが大変

おしゃぶりは癖になると辞めるのが難しく
無いと眠れなくなってしまう場合も。

日中、夜寝るときにもずっと付け続けると癖になってしまうので必要な時だけ使用し、
「お助けアイテム」として使うのをおすすめします。

衛生的に気になる

赤ちゃんが大きくなると落ちたおしゃぶりを
そのまま咥えてしまったりする可能性も。
赤ちゃん本人は全く気にしませんが、ママのストレスにもなるようです。

おしゃぶりは長期的に使うとよくない影響も出てくるので
おしゃぶりは依存しないよう必要な時だけ使うように注意

生後1ヶ月でおしゃぶりを使うと寝てくれる?

赤ちゃんにもよりますが完母の子は比較的嫌がる子が多く
べーっと吐き出してしまうことも。

嫌がらないようなら、授乳後やミルクの後におしゃぶりを与えて
抱っこしてゆらゆらしてあげればスムーズに寝てくれるので、活用しましょう。

寝グズリで寝不足が続き、ママにも大きな負担となりますので、どんどん活用しましょう。

おしゃぶりを使わない育児実際どう?【体験談】

実際におしゃぶりを使わない育児をしていた私の体験談を紹介します。
正確には使わないというより、拒否されたという感じです…。

私の中のイメージではおしゃぶりは1度与えてしまったら癖になり、
辞めるのが本当に大変というものでした。

それには理由があるんですが、年の離れた弟が幼稚園に行っても
おしゃぶりをしていたからなんです。

なのでおしゃぶりは与えたくないと思っていましたが、
周りの意見もあり1ヶ月と少し経った頃におしゃぶりを使い始めました。
混合だったからか、すんなりと咥えてくれました。

そこから3ヶ月になるころまでに完母に移行したので
哺乳瓶、おしゃぶりは拒否されるようになり使わなくなりました。

ですが正直、寝グズリや夜の寝かしつけ、外に出かけてる際にどうしても泣き止まない時、
「おしゃぶりがあったら楽だったのかな~」と思うことはありました。

娘のようにおしゃぶりはあまり好きではない赤ちゃんもいますので、
使ってみて判断してみても良いと思います♪

使い方次第でママの大きなサポートになる!

生後1ヶ月の赤ちゃんは寝グズリも激しく、寝る時間が無い!そんなママも多いと思います。
長期的に使用しなければ悪影響は無いので、
しんどい時はおしゃぶりを活用してみましょう。

「寝る時だけ」、「外にいる時だけ」そんな風に使い分ければ
依存もしにくいので、上手に活用していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました