香水の移し替えの方法は?ダイソーに売ってるアレを使えば簡単ってホント!?

生活
 
デート前や飲み会など、外出先で香水を付け足したいときってありますよね。
カバンにそのまま香水を入れて持ち歩くと重いし割れる心配も

小さいバックには香水瓶は入らないな~

お気に入りの香水を割ってしまったらショック!!

毎日の通勤に香水を持ち歩くと重くて大変…

そんな失敗をしないためにも、
簡単に香水を移し替えて持ち歩けたら便利ですよね。

さらに香水を移し替える方法や、
どんな容器に移し替えたらいいのかを紹介していきます。

香水の移し替えの方法

香水の移し替えの方法は4種類あります。
どんな方法で香水を移し替えるのか紹介していきます。

ノズルを使って香水を移し替える方法

香水を移し替えるのに使用するノズルとは、細いストローのような管で
プッシュ式タイプの香水に使用することができます。

ノズルの先に香水のキャップにはめる蓋がついているので、香水のキャップを外して
プッシュするだけで移し替えることができます。
ノズルを使えば簡単に香水を移し替えることができますね。

だいたいの香水はプッシュ式の香水が多いと思うので、
香水を移し替えたいときはノズルを使うのがいい
ですね。

ノズルを使用することで香水が空気に触れることなく
移し替えることができるので劣化して臭いが変わってしまうことも防げます。

ただ香水のキャップが取れないタイプの香水もあるので
その場合は他の方法で移し替えましょう!

ジョウゴを使って香水を移し替える方法

プッシュ式でキャップが外れないタイプの香水を移し替えたい場合に、
便利なのがジョウゴを使った方法です。

ジョウゴを移し替えたい容器に差し込み、ジョウゴめがけてプッシュしていきます。
ジョウゴの上部にプッシュしてしまうと香水が飛び散ってしまうので
なるべくジョウゴの管の部分にプッシュしていきましょう。

香水本体の蓋が開くタイプだと、
ジョウゴに直接香水を流し込み移し替えることも出来ます。

何度もプッシュするよりも、ジョウゴにそのまま流し込む方法のほうが
時間がかからないので急いでる時に便利
ですね。

スポイトを使って香水を移し替える方法

スポイトを使って移し替える方法は、
香水本体の蓋が開く場合に限って使うことができます。

香水の蓋を開けてスポイトを差し込み、
香水をスポイトで香水を吸い上げて移し替えていきます。

蓋が開く香水ならスポイトで簡単に移し替えることができますね。

注射器を使って香水を移し替える方法

香水の蓋を開けて注射器を差し込み、香水を吸い上げます。
そして容器に移し替えていきましょう。

注射器も蓋が開くタイプの香水に使用できる方法ですね。

4種類紹介していきましたが、
蓋が開かないタイプの香水でも
ジョウゴを使用すれば簡単に香水を移し替えることができますね。

香水に適した容器はどんなもの?

香水に適した容器は、
アトマイザーという香水を簡単に持ち運べる容器が販売されています。
アトマイザーを使えば、手軽に香水を持ち運ぶことができますよね。

容器には種類があって、ガラス製やプラスチック製のアトマイザーがあります。

プラスチックのアトマイザーは軽くて持ち運びに便利ですが、
香水にはアルコールが入っているものが多いので、
詰め替えると溶けだしたり香りが劣化する心配も。

さらにプラスチックの容器だと、

光にあたることで香水が蒸発してしまう可能性もあるので注意が必要です。

プラスチック製のアトマイザーを使う場合は、
短期間で使い切ったほうが良さそう!
ガラス製のアトマイザーはプラスチックに比べて空気にふれにくいため、
香りが劣化しづらいのが特徴です。

一方ガラス製のアトマイザーは割れる心配があるので、
外側がアルミでカバーされたものを選ぶと割れる心配もなく
香水を持ち運ぶことができます。

アトマイザーはどこに売ってる?


香水に適した容器はアトマイザーということがわかりましたね。
ではそのアトマイザーがどこに売っているのかをまとめていきます。

100均

100均にはガラス製やジョウゴ付きのアトマイザーも売っていました。

スター柄やお花の模様、ストーン付きのアトマイザーも売っていたので
自分好みのアトマイザーを選べそうですね。

ダイソーやセリアなど、色んな種類の100均を探しに行くと
かわいいものを選べそうですね。

ダイソーでは100円でアトマイザーとジョウゴが買えるので
少しでも安く香水を移し替えたいひとにオススメです。

無印

無印ではシンプルなパッケージのものが多く
アルミケース入りでスポイト付きの商品も販売されていました。

男女問わず使えそうなデザインでメンズも持ち運べそうです。

シンプルなものが好きなひとには無印のアトマイザーが〇
値段は800円ほどですが、劣化もしにくいアルミ製なのがいいですね。

香水が開かない物もある?

香水には蓋が開かないタイプと蓋が取れて開くタイプのものがあります。

香水瓶が開くタイプ、開かないタイプどちらなのか、
おおまかなブランドの香水を調べてみました。

蓋が開かないタイプの香水
  • クロエ
  • シャネル
  • ジルスチュアート
  • ランバン
  • ロクシタン
  • ブルガリ
これらの香水は蓋が一体型になっているものが多く、
開けることができないので香水を移し替えたい場合は
ノズルやジョウゴを使用して移し替えましょう!

蓋が開くタイプの香水
  • shiro
  • ディオール

こちらはスプレー部分がはずれるものや、蓋が開くタイプのものもあるようなので
スポイトや注射器でも移し替えることが出来そうですね。

例外の香水もあるかと思いますので、ご自身の香水をチェックしてみてくださいね。

まとめ


香水の移し替えの方法はノズル、ジョウゴ、スポイト、注射器

使用することで簡単に移し替えできることがわかりましたね。

ダイソーでアトマイザーを購入すれば、
ガラス製容器とジョウゴがセットになっているので

100円で香水を移し替えることができるので
一番安く済ませたい場合にオススメですね。

 
香りが劣化してしまうこともあるので香水を移し替えた後は
なるべく早めに使い切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました