赤ちゃんを二重にする簡単な方法とは!?

育児
生まれたばかりの赤ちゃんは、本当にかわいくて仕方が無いですよね。
パパ似かな?ママ似かな?そんな風に赤ちゃんが生まれると、
家族や友人とどちらに似ているのか話しをして盛り上がる人も多いはず。

生まれたばかりの赤ちゃんは、一重の子が多いけど大きくなったら二重になってくれるのかな?
いつになったら顔がスッキリしてくるんだろう?と疑問に思いますよね。

赤ちゃんを一重から二重にする方法はあるのか、いつから二重になるのかをまとめていきます。

赤ちゃんを二重にする方法はあるの?


赤ちゃんを二重にする方法はありますが、赤ちゃんのほとんどが一重なのであまり気にしないことをオススメします。
赤ちゃんは10ヶ月間お母さんのお腹の中で成長しているので、生まれて数日は顔がむくんでいる子が多いでしょう。

生まれてきて最初から目がぱっちりしている赤ちゃんは、あまり多くはないです。
でも二重になってくれたら嬉しいな…そんな風に考えますよね。

まず、一重と二重の違いを説明していきます。

一重と二重の違い

日本人の70%が一重、30%が二重という諸説があります。ですが、生まれたばかりの赤ちゃんはほとんどが一重なので、逆に考えるとこれから先成長することで、二重になる可能性があるという事ですよね。
一重とはまぶたに線が入っていない目のことをいいます。
まぶたの皮膚が折り返されていないとも言えますね。さらに、まぶたの上の皮が目の上に乗っているように見え目が小さく見えることから、女性はメイクなどで、二重に変化させることもあると思います。目がキリっと一重でも美人さんやかっこいい人もいますから、一重はダメ!という訳でもないでしょう。

反対にまぶたに線が入っている目のことを二重といいます。
まぶたの皮膚が折り返され、線が入っています。日本人の多くは、二重まぶたの方がかわいいとか、かっこいいと思っている人が多いですよね。
奥ぶたえも二重と同じようにまぶたが折り返されて線が入っています。ですが、まぶたの皮が多かったりするとまぶたが線の上にかぶさってしまうので、奥ぶたえといわれています。

生まれたばかりの赤ちゃんが一重なのはむくみが原因

生まれたばかりの赤ちゃんの顔がパンパン!
目が腫れているような…目が開いていないような…

こんな風に思うお母さんも少なくないでしょう。

新生児の数日は羊水で顔がむくんでいたり、脂肪でまぶたが厚く見えることがほとんどです。
どんなにかわいい赤ちゃんでも生まれてすぐはむくんでいるので安心してください。

成長すればむくみもとれて、二重になることもありますよ。

赤ちゃんが二重になるのはいつから?


赤ちゃん二重になるのはいつからか気になりますよね。赤ちゃんは毎日少しずつ成長していきます。1歳になるまでは、特に顔つきがどんどん変わっていきます。
1歳になるまでは毎日顔が変わるから毎日沢山写真を撮った方がいいよ~なんてよく言いますよね。

・3ヶ月頃 
赤ちゃんが手足を動かし始めると、顔が少しずつスッキリとし二重になることも。

・7ヶ月頃
早い赤ちゃんだと、つかまり立ちをしたりハイハイをして、自分で動けるようになりますよね。
顔が変化してくるタイミングでもあります。

・1歳
つたい歩きや歩き始める赤ちゃんもいる頃。1歳になると生まれてすぐの顔と全く別人のようになっている赤ちゃんも多いです。一重から二重に変わる一番のタイミングともいえますね。
もちろん1歳以降も二重になるタイミングは沢山あります。幼稚園に入ってから、小学生になってから、思春期、大人以降も変化する可能性があるのでこれからの成長がより楽しみになりますよね。

実際に娘が生まれた時顔がパンパンで目が埋もれていました。
目も小さく一重だったので、どんな顔になるのか少し心配でした。
ですが少しずつむくみも取れ、スッキリした目元に変化していきましたよ。
まだ二重にはなっていないですが、これからが楽しみです♪
寝起きは二重になる時もあるので期待大ですね!!

赤ちゃんを二重にする方法は危険?

赤ちゃんを二重にする方法はいくつかありますが、
赤ちゃんのお肌はデリケートなので強い力で触ったり、こすったりするのは厳禁です。
大人でもまぶたの皮膚はとても薄いと言われてますので、
赤ちゃんの敏感なお肌なら尚更気を付けなければいけませんね。

赤ちゃんにアイプチするのが危険な理由

一重まぶたを二重にする時に使うアイプチ。
大人であれば問題ないですが、赤ちゃんのお肌に使うのはNG。

アイプチするとまぶたの皮膚が伸びやすいので二重から遠ざかる可能性もありますし、
アイプチは赤ちゃんが使うことを考えて作られてはいないので、使用しないようにしましょう。

アイプチを使用するのは思春期あたりからにしましょう。
子供にやってみたいと言われたら、一緒にやってあげるのもいいですよね。

赤ちゃんを二重にする簡単な方法とは?

赤ちゃんを二重にする簡単な方法はあるのか気になりますよね。
二重にはなってほしいけど、赤ちゃんのお肌を傷つけない心配ですよね。
赤ちゃんの体に負担になってしまったら本末転倒です。

赤ちゃんを二重にする安全で簡単な方法を2つ紹介します。

赤ちゃんにマッサージをして二重にする

赤ちゃんのまぶたを優しくなでてあげましょう。
イメージとしては触れるか触れないかくらいの優しい力でまぶたにそって撫でてマッサージしましょう。

お風呂上りや朝起きた後の保湿クリームを塗るときに心掛けてやっていくといいですね。

あくまでも二重の線を作るぞ!ではなく二重になってね~と願いを込めて優しくなでてマッサージしてあげましょう。

赤ちゃんに綿棒で二重の線を作る

まぶたを優しく綿棒でさっと撫でてあげることで二重になる可能性があります。

まぶたの上を綿棒で線を作るように優しくなでてあげます。ですが、綿棒が目の中に入ってしまう可能性もあるので、手で優しくマッサージする方法をおすすめします。

どちらの方法も優しく!強くこすらないように気を付けましょう。
赤ちゃんが激しく動いている時は目に入ってしまうこともあるので、中断しましょう。

赤ちゃんの二重は成長を待つのがオススメ

赤ちゃんの二重を作ることよりも、成長を待って二重になる可能性を信じましょう。

赤ちゃんは一重でも、二重でもかわいいですし、大切な我が子という事には変わりありません。
今しかない、むちむちの赤ちゃん時代を目に焼き付けて、沢山かわいがってあげてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました