長野県白馬村の別荘用の投資用不動産を売却した話

不動産投資用に購入した土地を売却

筆者は60代になった金融機関に勤務するサラリーマンの男性ですが、先年でしたが残念ながら折角手に入れた土地不動産を売却してしまいました。売却した不動産があったところは、実は首都圏ではなく長野県の白馬村というところで、リゾート用の土地、セカンドハウスの建築予定で購入していたものです。この土地を事情があって売却したというわけです不動産を売却することになった其の直接の理由としては、セカンドハウスなど建物が建築費用が工面できず所有してる意味がなくなったことと、現在の自宅(神奈川県内)において特別に資金が必要になったということです。其の特別に資金といいますと、実は末の息子が数年浪人していて、やっと念願かなった希望の大学へ入学できたことで、入学金やその他の経費が必要になってしまったことです。さて、長野県の白馬村といいますと皆さん周知では有ると思いますが、近年はリゾート地として人気が出てきて、特に国内は元より大勢の外国人なんかも多く来ているようです。白馬と言えば長野オリンピックでもジャンプやスラロームなどの競技などでも開催行われたところで、元より冬のスキーや夏場の登山でも有名なところであり、シーズンを通して自然豊かなところです。

キャピタルゲインで別荘を購入悠々自適のセカンドライフ

そんなことで我が家は神奈川県在住の者ですが、昔から家族でスキーなどを楽しんだ処でもあり、此の白馬に別宅としてのセカンドハウスを持ちたくて10数年ほど前にこの土地を取得したものです。土地の広さは120坪ほどでしたが、当初は坪8万円ほどで購入したものです。又、白馬村に所有していた土地というのは、周囲の条件や住環境というのは比較的に良いところで、JRの白馬駅から徒歩でもいけるところですし、日常の生活でもイオン系のビックという大型スーパーやコンビニにも近いところでした。然しながら、上記の理由等で遂に土地を手放さなくなってしまいましたが、現在では白馬村は人気のリゾート地になっていて土地の相場的には坪単価として10万円は下らないと不動産屋の情報などでもは知っていたのですが、結果的にはチョット急いだこともあって売却単価としては10万円をやや下がった状態で売却が成立したのです。

不動産仲介業者を選ぶのは重要です

土地の購入とそして売却に関しては地元の不動産屋に仲介依頼して行いましたが、この業者に関しては元々、地元の白馬村で周辺地域の不動産を売買している会社で、特に大手の地元開発の別荘地開発などの代理店業務なども行っていて、地元では信用有る不動産会社と理解していました。不動産屋を初めて利用して自分も不動産屋を目指したエピソード 29 私は大学生になるタイミングで一人暮らしをするために不動産を利用した時のエピソードです。私は不動産に関して特に知識や必要な費用に関してほとんど知らなかったので、気軽な気持ちで近所の不動産屋を利用しました。なんとかなるだろという気持ちだったのですが、一応ネットで情報を仕入れていこうとチェックすると不動産屋の悪イメージが多く出てきました。多く費用を騙し取られるなどのコメントが多く少し心配になり、いくつか不動産屋を回るという気持ちで入りました。昔から営業してそうな老舗の不動産屋さんにはいり話を聞きました。

親切な不動産屋さんに当たれば、不動産投資は勝ったも同然

ネットの情報から警戒して不動産屋に入りましたが、実際はとても詳しく話をしてくれて、必要な初期費用や退去のタイミング、トラブルがあった場合の対処法など2時間近く時間を使ってくれました。実際に紹介してもらった部屋は5部屋ほどで自分の希望に沿った物件を紹介してくれました。話をしていく中でネットの悪いイメージはなくなり、案内もストレスなくスムーズに進みました。私の中では不動産を利用してすぐに物件を決めることはせずに数日考えてから決めようと思っていましたが、親切な不動産屋の対応や希望通りの物件をご紹介してくれた事で、その日に申し込みをする事にしました。その日に申し込みを終えてから審査もすぐに通り契約まで2週間ほどでしたが、特に問題もなく部屋が決まりました。新しく生活を始めるという事で、家具や家電などを買わないといけないことから寸法を測りたかったのですが、不動産屋にその旨を伝えるとすぐに対応してくれて、立会いという形で寸法を測る事ができました。

敷金1ヶ月で礼金もないなんて最高これこそ不動産投資の醍醐味

初期費用も敷金が1ヶ月で、礼金はなし、24時間サポートに火災保険とそこまで金額的にも高くなかったので、満足できる部屋探しでした。利用した不動産屋のスタッフの対応がとてもよく個人的にとても感動しました。ネットの情報にあった悪どい商売というイメージは全くなく、ネットの情報を信じて不信感を持っていた自分自身が情けなくなりました。それから自分自身が大学を卒業してから就職活動を行うようになり、一度利用した不動産屋の事が頭にあったので、私も不動産屋の営業の仕事をする事にしました。自分も丁寧で人に喜ばれる仕事がしたい、良い部屋を提供したいという気持ちから不動産屋になりました。初の一人暮らしで部屋を探してもらった不動産屋のスタッフを目指して、今でも感謝をしています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です